WiMAXをありとあらゆる切り口から徹底比較!

当サイトは、本当にすばらしくて得する特典が盛りだくさんでつけられているプロバイダを比較しています。

当サイト管理人の私がさまざまなネット回線を使いこなしてきた経験を踏まえた上での本当のメリットデメリットを掲載していきたいと思います。

WiMAXはプロバイダによってネットの接続方法や回線速度や安定性などの仕方が違うということはありません。

一番見なければいけないポイントとしては、キャッシュバックの割引などを含めた合計金額から導きだした実質的な月額料金です。

圧倒的な口コミの良さとキャッシュバックの「VISION」

現時点で一番おすすめのWiMAXプロバイダは「VISION」です。おすすめする理由は次のポイントになっています。

1,特典を駆使することにより実質的な月額料金が一番安く使える

2,キャッシュバックキャンペーンによりかなり得する

3,WiMAXの端末が翌日発送してもらえる

4,最新の端末が最安または無料で使える

5,乗り換え費用を負担してもらえる

WiMAXを今まで使ったことがないという人に簡単に説明すると、VISIONがいいところは、端末が無料で、さらに月額料金も業界最安レベルだというところです。

キャッシュバックの受取もVISIONの場合は翌々月となっていて確実に取り忘れることなく受け取ることができます。

VISIONはもともとの通常プランの月額料金が安いのですが、他の回線業者から乗り換えるときも解約金などをVISIONが代わりに負担してくれます。

以上のようなことから、他の回線業者の期間が満了していないのにもかかわらず、すぐに乗り換えても損しないような仕組みになっています。

プロバイダーで一番いいところを選ぶコツ

WiMAXプロバイダをざっと調べてみるだけでも10や20はざらにあります。

WiMAXのプロバイダの宣伝などを調べてみると、どこが一番メリットがあるのかわかりにくい構造になっています。

プロバイダーAの訴求:キャッシュバック3万円

プロバイダーBの訴求:解約金負担&端末無料

プロバイダーCの訴求:月額がとにかく安い

WiMAXのプロバイダを調べてみると何十社も存在していて、いろいろな媒体に宣伝をして、さまざまなお客さんを獲得しようとしています。

プロバイダがお客さん集めに奔走している方法はいくつかのパターンがあるのですが、どの業者が一番お得かなんて初心者の人からしたら絶対にわからないと思います。

何をベースにWiMAXのプロバイダを選択すればいいのか、今回のおすすめ1位としてご紹介したプロバイダがなぜ1位なの解説していきたいと思います。

WiMAXのプロバイダーを選ぶときに一番見るべきポイント!

WiMAXを選ぶときに最大のポイントは契約期間内でかかる実質的な総額です。

実質的な支払合計金額というのは、契約期間内に発生する毎月の支払合計です。

キャッシュバックやその他の特典などがあれば、月額使用料から引かれて、実質的な月額料金が割引されるという計算になります。

WiMAXを契約するときの事務手数料や端末代にかかった金額は、もちろん実質料金に加算されます。

実質的な月額費用は次のような計算になります。

月額料金×契約月数-キャッシュバック金額+端末代+事務手数料÷契約月数

上記の算出方法からWiMAXの月額料金を計算してみると次のような結果になります。

◆UQ WiMAX2+の場合

月額4,268円×24ヶ月-キャッシュバック0円+端末代16,500円+事務手数料3,300円÷24ヶ月=5,093円

◆GMOとくとくBB WiMAX2+ギガ放題の場合

月額3,969円×2ヶ月+月額4,688円×34ヶ月-キャッシュバック29,500円+端末代0円+事務手数料3,300円÷36ヶ月=3,920円

上の表のようにプロバイダによっては基本月額料金やキャッシュバックの金額などが違ってきます。

なので、本当に得するプロバイダなのかどうかは上記のような計算方法で算出して、実質的な月額料金という形で比較しなければ意味をなしません。

実際に上記のような契約期間で実質的な費用を計算してみると、UQとGMOとでは1000円くらいの差がありました。

以上のようなことを踏まえると、なんと3年契約だった場合は、実に3万6千円も損得の開きがあります。

WiMAXの主要なプロバイダの実質月額料金を算出してみたのでご覧ください。

VISION 実質月額:3,848円

GMOとくとくBB 実質月額:3,920円

BIGLOBE 実質月額:4,116円

DTI 実質月額:4,077円

ギガ放題と通常プランのどちらがいいのか?

ギガ放題プランと普通のプランとでは何が違うのかというと、通信制限の有無になります。

ギガ放題プランだと毎月の通信制限などはなくて無制限に使い放題ですが、通常プランは月に7GBしかありません。

ちなみに、通常プランと呼んでいるものはライトプランなどともいわれているので、プロバイダによって名前が違いますので注意しましょう。

WiMAX本流のUQWiMAXでは、ギガ放題のみに遷移しつつありますので、他のプロバイダーも追随していく可能性もあります。

当サイトでも解説していきますが、WiMAX+5Gというサービスもあります。

こちらのプランはギガ放題プラスともいわれていて、5G専用のプラン料金となっています。

ギガ放題と一般的なプランとも異なるものになっているのでご注意ください。

下記の表でも示していますが、最近の動画配信サイトや映画配信サイトやアプリなどの技術革新によって、普段のデータ量というのは格段に跳ね上がっていると思います。

なので、通信データ量はこれまでのシンプルなページのみのやりとりというのはほとんどありません。利用できる通信量というのは無制限であれば無制限なほどいいと思います。

なので、コスパ的に考えても一般的なプランを選択するよりもギガ放題プランの方がいいでしょう。というよりも一択といっても過言ではないと思います。

ですが、費用を抑えることだけを重視していたり、目的が簡単なネットサーフィン程度だったらギガ放題を選ぶ必要もなく通常プランで事足りるでしょう。

さらにいってしまうとWiMAXですらなくてもいいとまでいえるでしょう。

クラウドSIMなどWiMAXと同じ目的で使うことができるWi-Fiサービスがたくさん登場しているので、とにかく安いサービスを契約すればいいと思います。

★ギガ放題

実質月額:3,800円~4,800円

通信量:3日間で10GB 月間での制限はなし

用途:オンデマンド、youtube、テレビ会議、ゲーム

★通常プラン

実質月額:3,200円~3,800円

通信量:月間7GBまで

用途:メール、ネットサーフィン

これらを見てもわかるように、WiMAXのギガ放題はメリットがものすごくたくさんあります。

月額料金に関してはたった1000円くらいしか変わりませんが、1000円出して得られるメリットとしてはものすごくあると思います。

ギガ放題プランと通常プランでどちらに軍配があがるか列強して見ましょう。

1,スマホはいろいろなアプリが稼働しているから通信量が増えていく

2,月間制限があると精神的につらい

3,毎月の制限を超えてしまうと低いスピードでしかネットができない

通常プランは3日で10GBですが、5Gのプランは3日で15GBとなっています。

なので、5Gのエリアでなくても5G専用のギガ放題プランというものに入ることもできます。

WiMAXの端末の選び方とは

WiMAXを使うためには端末を手に入れなければなりません。基本的にどのプロバイダ経由でも端末は同じになっています。

このプロバイダ特有の端末が用意されているということはありません。

いろいろなプロバイダがありますが、選べる端末数は数種類あります。ですがどういう性能を持っていてどういうメリットがあるかわかりにくいものです。

プロバイダで何種類か選べる中で一番おすすめのルーターはW06がおすすめです。

WX06という似たようなモバイルルーターもありますが、通信スピードの快適性などからW06のほうが一枚上手ですね。

モバイル端末の料金については、ほとんどのプロバイダでどれを選んでも無料となっています。

プロバイダー契約ではなくてUQWiMAXそのもので契約しようと思ったら端末代として1万円以上取られるので注意しましょう。

最近になってプロバイダだけを乗り換えたい人向けにルーターのSIMだけのサービスも提供開始されています。

ですが、バッテリー性能や機能性で圧倒的にアップしているわけではないので、WiMAX端末を持っているのであればSIMのみの契約でもよろしいかと思います。

ですが、長年にわたって一つの端末を使用し続けているとバッテリーの寿命がなくなってくるので、新しいものに一新してもいいかもしれません。

WiMAXの契約期間は何年がお得なの?

光回線業者は皆一様に契約年数の決まりがあり、WiMAXも2年契約と3年契約があります。

契約期間中に解約すると解約金や違約金などが発生するので、一度最初の契約年数で契約すると、その年数がたつまでは無料で解約できません。

現在のWiMAXの設定上は1年から3年までの契約期間があります。

プロバイダによって用意されている契約年数というのは違うので、自分がたとえば1年で契約したかったら1年規約が用意されているプロバイダを見つけて契約すればいいと思います。

一般的なルールとして長ければ長いほどお得になるのはWiMAXも同じです。

途中で解約をしたとしても違約金が無料になるプロバイダも存在しているので、数ヶ月しか使わないような人はそういうところを選んでみてもいいですね。

短期契約において、WiMAXを最安料金で利用する方法を参考にしていただくか、短期利用であるならばそもそもとしてWiMAX以外の選択肢も考えられます。

ですが、短期利用でも安定的な回線を使いたい人はWiMAXがおすすめです。

高速通信じゃなくてもいいからちょっとだけインターネットを使いたいという人は、WiMAX以外にもたとえばクラウドSIMなんていうのもありますね。

見た目の月額料金ではなく本当の月額料金を見る

光回線やモバイル回線のプロバイダでは、最初の3ヶ月くらいの月額料金を安く割引して、あたかも安いかのような宣伝をしている業者が多いです。

こういった現象がなぜ発生してしまうのかというと、顧客獲得争いが起きているからなんです。

一つの例としてカシモというプロバイダー業者の毎月の料金を比較してみると、1ヶ月目が約1400円くらいですが、なんと2ヶ月目以降は3600円にもなってしまいます。

毎月の月額料金だけを見てプロバイダを選んでしまうとこういった、半額以上差があるということにもなってしまいかねません。

また、プロバイダーというのは上記でも解説したように、契約期間の縛りというものがあるので、最後まで使った場合の支払合計を計算する必要があります。

競合他社をすべて含めて本当の安さを比較しようと思ったら、契約期間の月額料金から、特典の割引サービスなどを引いた本当の月額料金を割り出さなければなりません。

一つ一つのプロバイダーで宣伝されているぱっと見の表面的な月額料金を見てただ安いからという理由で判断するのは早いです。

ここまでにも解説してきたと思いますが、月額料金からキャッシュバックなどを差し引いて契約期間内の本当の支払合計を割り出した上で比較しなければ意味がありません。

当サイトではキャッシュバックや月額割引などのキャンペーンをすべて踏まえた上での本当の実質的な月額料金を計算しています。

以上のようなことから、当サイトでランキングにしているプロバイダーというのは、本当にお得なランキングだといえるでしょう。

確実に受け取れるキャッシュバックにしよう!

WiMAXのプロバイダーはほとんどすべてといってもいいくらい、お客様にキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

キャッシュバックを実施しているプロバイダーに対する口コミの一例として、受け取り申請がめんどくさすぎて結局やらなかった…というものがありますが、これはごくごく一部の悪質な代理店だけなので安心してください。

一昔前はこういう悪質な長引かせるようなプロバイダーが跋扈していましたが、最近では悪評が広まってそういう悪質な代理店は淘汰されて今ではほとんど残っていません。

今はかなり健全化されていて、メールアドレスを登録しておくと、振り込みに必要な申請がすぐできるようになっています。

最近ではプロバイダーの管理画面からすぐにキャッシュバック申請を執り行うことができるようになりました。

しかも最近ではキャッシュバックキャンペーンを実施する代わりといっては何ですが、月額料金を大幅に値引きするというキャンペーンを打ち出しているところも数多く存在しています。

本来であればキャッシュバックする予定だった金額をお客様の毎月のWiMAX支払料金から割引することにより申請手続きや振り込みの確認なども一切する必要がないので、こちらの方が人気のキャンペーンになってきているのです。

ですが、キャッシュバックは実質的な月額料金を安くするポイントです。顧客に使ってもらいやすい宣伝材料になっていることは間違いありません。

月額料金割引キャンペーンよりもキャッシュバック数万円を受け取った方がいいという人もいるので、それは人それぞれの価値観によると思います。

契約する前に知っておきたい受け取り申請や方法などについて解説しているのでご覧ください。

最近では、キャッシュバックが振り込まれるまでの時期も早くなるように改善されてきています。

簡単に説明すると、今まではキャッシュバックを受け取るまでに半年や1年以上経過しないともらえなかったのですが、契約が完了してから2ヶ月後に振り込まれるようなプロバイダも増加傾向にあります。

キャッシュバックを早急に振り込んでくれる改善というのは、利用者も受け取り忘れや申請し忘れなどを防止してすぐ現金を手に入れることができるということです。

上記みたいに、ユーザーの視点に立ってあらゆるサービスを向上してくれているプロバイダーも選べば見えてくるので、そういった健全なプロバイダーで契約すればメリットが盛りだくさんだと思います。

一番優秀なプロバイダを選びましょう!

WiMAXの月額料金を比較!実質的な費用が安い順番にランキングにしているので是非ご覧ください。

ちなみに、プラン内容はギガ放題で算出してあります。

★VISION

実質月額:3,848円 基本月額:3,979円 手数料:無料 キャッシュバック:5,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB

実質月額:3,920円 基本月額:4,688円 手数料:3,300円 キャッシュバック:29,500円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB 月額割引コース

実質月額:3,893円 基本月額:3,678円 手数料:3,300円 キャッシュバック:6,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額:3,994円 基本月額:3,971円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★DTI

実質月額:4,077円 基本月額:4,136円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額:4,116円 基本月額:4,378円 手数料:3,300円 キャッシュバック:17,000円 端末料金:880円/月 契約期間:1年

★So-net

実質月額:4,542円 基本月額:4,817円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★UQ

実質月額:5,093円 基本月額:4,268円 手数料:3,300円 キャッシュバック:なし 端末料金:16,500円  契約期間:2年

プロバイダーを比較するときに一番見るべきポイントとしては実質的な月額料金です。

プロバイダーによって、一ヶ月目の月額料金と、二ヶ月目以降の月額料金が倍以上開きがあるということもありますので、2年契約において総支払額がどれだけ安くなるかがカギとなっています。

このページでもいってきたように、基本料金だけではなくて、スマホ割引や家族割引などを使って、本当の1ヶ月あたりの支払額を計算することが大切なんです。

なお、実質的な総額で比較した場合、2年契約よりも1年契約の方が総合計金額が安くなるのは当然で、一ヶ月あたりに換算してみると逆に高くなるので数字のマジックにごまかされないようにしましょう。

とはいっても、短い期間しか使わないような人は、解約料がかからないように短めの契約期間で最初から契約しましょう。

現在一番優秀なプロバイダとは?

WiMAXの現時点でもっとも実質月額料金が安くて超優良なプロバイダーを解説していきたいと思います。

第1位 VISION

VISIONは東証一部に上場している、株式会社ビジョンが運営しているWiMAXのプロバイダです。

特徴

実質月額:3,848円 契約年数:3年間

初期費用:無料 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,解約金や違約金がかからない

2,キャッシュバックで月額費用が安い

3,端末が届いた最初の月は無料になる

4,初月無料で事務手数料も無料!

第2位 GMOとくとくBB

GMOとくとくBBはキャッシュバックや毎月の値引きキャンペーンなどあらゆる特典を用意している優秀なプロバイダーです。

WiMAXの端末はもちろん無料で、ギガ放題プランも通常プランも実質的な月額料金が業界最安となっています。

GMOとくとくBBは20日以内であればなんの違約金などもなしで解約できるので、接続できなかったとか、回線が不安定などの不具合があればすぐに解約できるようになっています。

さらに、WiMAXの端末を即日発送してくれるというユーザビリティーの高さがあります。

特徴

実質月額:3,893円 契約年数:3年間

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,高額キャッシュバックか月額料金値引きを選べる!

2,キャッシュバックの最高額は約3万円!

3,値引きキャンペーンを適用するとギガ放題でなんと月2849円になる

4,20日以内ならキャンセルできる

5,モバイルルーターの最速発送!

第3位 カシモ

カシモはギガ放題プランを最初の月だけ1380円という格安で使えるので、最初にかかる費用を抑えたいという人におすすめです。

カシモはキャッシュバックキャンペーンをしていませんが、ギガ放題の月額料金が安くなっています。

他には、端末であるモバイルルーターを即日発送してくれています。

特徴

実質月額:3,994円 契約年数:3年間

月額料金:1,518円~3,971円

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,ギガ放題プランが1ヶ月目1518円、2ヶ月目以降は3971円

2,初期費用が安めになっている

3,WiMAXのモバイルルーターを即日発送

4,U-NEXTの見放題プランが1ヶ月無料

第4位 DTI

DTIの一番のメリットとしては、回線開通後は2ヶ月間は無料で使えるところです。

初期費用を抑えたいという人にはメリットが大きいのではないでしょうか。

ですが、デメリットとして一般的なWiMAXのプランに入ると事務手数料が5000円となっていて、普通のプロバイダーが3000円なので、かなり割高になっています。

第5位 BIGLOBE

BIGLOBEのメリットといえばなんといっても1年という短期契約が可能なところではないでしょうか。

キャッシュバック自体も本契約をしたらすぐに受け取ることができますし、途中で解約したときの解約金も1000円しかかからないので、他のプロバイダーにはない強みがありますね。

BIGLOBEのデメリットとしては、他のプロバイダーでは無料で貸し出している端末代が800円かかってしまうところでしょうか。

WiMAXを契約してから利用開始までの流れ

WiMAXの契約から回線が使えるようになるまでの流れやステップはどのプロバイダー経由で契約してもほとんど変わりません。

1,自分が契約したいプロバイダーで申し込みボタンをクリックする

2,ギガ放題プランか通常プランか契約したい方を選びましょう。

3,WiMAXで使う端末と入りたいオプションを選択してください。

4,次に名前や住所や電話番号などの個人情報を入力します。

5,WiMAXでの支払に使う方法を選択。クレジットカードか振り替えか。

6,個人情報が入力し終わったら、2,3日で端末が到着してすぐ使えるようになります。

要約すると上記のようなステップとなっており、10日もかからずにネット環境を手に入れられるのはWiMAXしかないでしょう。

圧倒的に短期間でインターネット環境を手に入れられるのはどの光回線やADSLよりもメリットだといえるでしょう。

また他にも、UQとの契約をすることによりショップに端末があれば、即日ネットに接続することも可能です。

家電量販店でWiMAXを契約すると損する理由

家電店でWiMAXの申し込みをするのはおすすめしません。なぜかというとあらゆる面で得しないからです。

電器屋などでWiMAXを申し込むとキャンペーンなどもほとんどないので、契約年数から換算した1ヶ月あたりの料金が高くなってしまいます。

人気の得するプロバイダーと家電量販店の実質月額料金の比較表を見てみると圧倒的に違うのがわかると思います。

当サイトでも検証してきたように、どのプロバイダー経由でWiMAXを使ったとしても、WiMAXの回線速度や安定性などはほとんど変わりませんので、一番安くなるようなプロバイダーを選ぶべきです。

電器屋さんからWiMAXをたとえ申し込んだとしても、実店舗ならではのメリットなどはほとんどありません。

10年くらい前までは、WiMAXをその店舗で契約すると、そのお店の割引券などがもらえていたりした時期もありました。

しかし、こういった特典はほとんどなくなってしまったので、電器屋さんで契約する必要性がほとんどありません。

さらに、家電量販店でWiMAXを契約すると基本料金やサービス内容などはUQWiMAXと全く同じとなっているので、キャンペーン以外でも得することはありません。

一部の家電量販店では大型の家電製品のみ割引してくれるサービスがあるようですが、そんなのと大手のプロバイダーのキャンペーンを比べても雲泥の差があります。

一部のネット上の回線比較サイトなどでは、家電量販店のメリットとして対面での説明があるからいいみたいなことを書いているところもありますが、店員にそれほど詳しい人なんていないのが実情です。

営業トークで表面的な知識しかないと思うので、なんらかの説明をしてもらったとしても信じ込まないで自分で客観的に比較した方がおすすめです。

UQモバイルの店舗でWiMAXを契約するのはおすすめできません

UQWiMAXの実店舗があることを知っている人は数少ないと思います。格安のスマホを販売しているUQモバイルの店舗があります。

UQの実店舗ではWiMAXの契約ももちろんできるので、WiMAXについてわからないことがあればいくらでも対面で教えてもらってあれこれ相談しながら契約を進めることもできます。

UQスポットでのWiMAXの契約は家電量販店と同様おすすめできるものではありません。

UQスポットの店員がいろいろWiMAXについて解説してくれるという利点はありますが、月額料金的にはほとんどメリットがありません。

まず大前提としてUQWiMAX自体がプロバイダーとして活躍していないので、お得な割引キャンペーンなどをほとんど実施していないのです。

たとえば、UQWiMAXと一番得するプロバイダーの実質的な月額料金を比較すると年間で1万円以上もの開きがあるので、長い年数契約するとそれだけ損する計算になります。

UQ店舗のメリットもあります

UQの実店舗でWiMAXを契約したら、端末の在庫があればその日のうちにWiMAXを接続してインターネットを楽しむことができます。

WiMAXの端末があれば、いつでもどこでもネットに接続ができるので、とにもかくにも早く使いたいという人は、UQモバイルの実店舗にいってみるのもいいでしょう。

しかし、上記で解説してきたように、UQモバイルの実店舗というのはキャンペーンなどもやってないのでおすすめしません。

ちなみに、GMOとくとくBBなどではモバイルルーター端末の即日の発送もしているので、届くのは2,3日くらいなので、即日とまではいかないまでもかなり早くネット環境を手に入れられるでしょう。

キャッシュバックを受け取るまでの流れ

WiMAXのプロバイダーで実施されているキャッシュバックは基本的には自分で振り込みの申請手続をしなければなりません。

一般的にはキャッシュバックを受け取るためには継続的な回線の利用が前提条件なので、あらかじめ決められた利用期間が過ぎたタイミングで会員ページなどからキャッシュバックの振り込み申請をすることができるようになります。

プロバイダーからキャッシュバックを受け取るためには、会員ページから口座番号などを入力して振り込んでもらう形となっています。

キャッシュバックキャンペーンを受け取るためには、メール受信できるようにしておかないと申請手続を見逃してしまうこともあるので、定期的にチェックするかマイページに定期的にログインするようにしましょう。

ギガ放題プランの速度制限とは

ここではWiMAXの3日で10Gというデータ通信量の制限について解説していきたいと思います。

WiMAXには通信制限があると思われていますが、実際は3日で10Gの通信制限が行われる時間帯は夕方から深夜までなので、日中はそもそも制限がかかっていません。

さらにいってしまうと、通信制限がかかった状態でも1Mbpsも速度がでているので、軽いネットサーフィンなら余裕でできてしまいます。

ギガ放題の3日間で10GBの10GBという容量がいったいどれほどのものか解説していきたいと思います。

動画で言うと、youtubeのスタンダードな画質で閲覧すると50時間分くらいは見える計算になります。

5分で区切ってあるyoutubeの動画を約600回くらいは見られる計算です。

最近のyoutube動画は広告が関わってきて10分くらいになるものが多いと思います。

こういうことになると5分の動画だと600回くらい視聴できていたものが、10分になると200回くらいになります。

なお、5Gのプランだと3日間で15GBの通信制限となっているので、ギガ放題よりも5GBもアップしています。

WiMAXを契約してみたいけど通信制限は10GBいくかいかないかという人は、5Gのエリアに居住していなくても15GBで使えるようになるので、WiMAX+5Gで契約してみるのもありかもしれませんね。

現実的にはWiMAXの制限はない

WiMAXのギガ放題プランは3日で10GBの通信制限があると説明してきましたが、月間に換算してみると100GBくらいしかできないとお思いの人も多いと思います。

これは実を言うと制限がかかる時間帯は夜から夜中までなので、たとえば1日100GBの通信を行ったとしても速度が1Mbps以下に制限されるのは18時から深夜2時までとなっています。

なので、やろうと思えば制限なく利用ができてしまって、月間で500GBでも800GBでもいくらでも通信量を増やすことができるのです。

WiMAXの3日で10GBの制限がかかってしまったら、スマホのデザリングなどで制限時間を潰せば夜中からまた日中のような高スピードでWiMAXを楽しむことが可能になります。

WiMAXの速度制限がかかっているときのスピードは1Mbpsとなりますが、メールやネットサーフィンなどは余裕でできてしまいます。

日中であれば何ギガバイトでも通信できるとはいっても、長期的にこういうことをやっているとWiMAXの回線を提供しているUQに個人的な制限をかけられてしまう可能性もなきにしもあらずなので注意しましょう。

WiMAXにはいろいろなオプションをつけることもできる

自分自身の必要に応じて次のようなオプション加入を検討してもいいと思いますが、ある程度インターネットになれていたらいらないと思います。

ですが、初心者のサポートや端末保証はつけておいた方がおすすめです。

次の表はUQでのオプション加入ができるものになっていますが、そこにプラスしてプロバイダーでのオプション加入もできるようになっています。

WiMAXのオプションによくあるのは、動画や音楽などのエンタメ系とセキュリティサービス系に大別されます。

回線サービスのオプションは直感で決めるのがいいと思います。あれもこれもいるかないらないかなとやっていては余計なオプションに入りすぎてしまって月額が高くなってしまいます。

auユーザーならWiMAXを安く使える!

WiMAXという回線はそもそもKDDIのグループ会社であるUQが提供しているので、auスマホをお持ちの方は月額料金を割引にできる可能性があります。

ここから解説していくのは、auスマートバリューと呼ばれる割引です。

ウルトラギガマックスと呼ばれるサービスはUQのスマホとWiMAXをダブルで申し込むことにより500円の割引になります。

この月額割引が適用されるのは、UQモバイル側のスマホです。

さらに、auのスマホを使っている人なら加入しておきたいauスマートバリュー。

auのスマホを持っている人は永続的に月額料金が割引されるサービスとなっています。

auスマートバリューという割引サービスは、auのスマホを持っている人が1000円くらい割引になります。

現時点でauと契約しているプランによって差がありますが、最低でも500円から最高で1000円までの割引が適用されます。

もしauスマホを契約しているのであれば必ず申し込みましょう。

WiMAXの解約料について

WiMAXで契約できる縛り年数というのはプロバイダーによって違って、1年契約があるところもあれば3年契約のところまでさまざまなプロバイダーがあります。

回線サービスなどはどこでもそうですが、解約料がかからない月というのは決まっていて、これを過ぎてしまうと解約料を取られてしまうので、自分がどのタイミングで解約するかをあらかじめ想定しておきましょう。

次の一覧表は、契約開始を1ヶ月目としたときに途中解約したときの解約金の一覧表になります。

1~13ヶ月目で解約 2年契約:20,900円 3年契約:20,900円

14~25ヶ月目で解約 2年契約:15,400円 3年契約:15,400円

26~37ヶ月目で解約 2年契約:10,450円 3年契約:10,450円

WiMAXを申し込むときは解約できる月をリマインダー登録などしておきましょう。

WiMAXを解約するときの手順

いろいろなプロバイダーがあり、それぞれ各社によって違いますが、ほとんどの会社で次のようなものになります。

電話による解約の申し込みorマイページから解約手続き

プロバイダーの解約手続きをするときは他のプランに入りませんかという提案があります。

他にも、途中解約をするときは、契約終了月間ではないので、解約料が必要ですよという説明があります。

最近流行りのテレワークでWiMAXは活用できるか?

ズームやスカイプなどを使ったオンライン会議は自分の家から使っている利用者が増えてきています。

自宅からの在宅勤務だけでなく、フリーWi-Fiや喫茶店や漫画喫茶などで仕事をしている人も増えているのでWiMAXのテレワークが注目されています。

喫茶店や漫画喫茶や駅などのフリーWi-Fiで接続するとセキュリティの脆弱性からパスワードやIDなどがもれてしまう可能性も否めません。

WiMAXなら自分しか接続できないので、フリースポットのようにセキュリティの漏洩を気にすることなく、テレワークや自分のネットサーフィンを楽しむことができるので、このテレワーク時代に入ってからWiMAXの契約件数が右肩上がりに伸びてきているようです。

では、WiMAXがそもそもテレワークに耐えうるかということですが、次のようなポイントがあります。

回線スピードや回線の安定性は大丈夫か、3日で10GBの制限がかかって使えなくなるのではないか、など。

上記のような不安を抱くような材料はありますが、実際にWiMAXを使ってみてこれらの問題をクリアできるかどうかを検証していきたいと思います。

WiMAXはそもそも基地局がめちゃくちゃありますので、ビジネスでもエンタメ目的でも使いやすいといえるでしょう。

WiMAXは他のモバイル系インターネット接続と比べてハイスピード通信ができる傾向にあります。

以上のようなことから、モバイル系のインターネット接続サービスを使うなら、WiMAXが一番おすすめだといえるでしょう。

WiMAXを使うときは、自分の住んでいるエリアで使えるかどうかをチェックしてからレンタルをして見てもいいかもしれません。

スカイプなどを使って、オンライン会議をする人は通信量の制限が気になる人も多いと思います。

WiMAXならギガ放題プランの制限は夕方6時からのみになっているので、日中の会議の制限などはかからないでしょう。

会議の解像度なども調整しておけば、無駄なデータ送受信を極力避けることができます。

オンライン会議以外の場面でもあらゆる活用方法があります。

大学性や専門学生であれば、オンライン授業でWiMAXを使うこともできるでしょう。

東進などのオンライン授業を取り入れている学習塾などでWiMAXを使うときも、喫茶店などで外出先から利用することができます。

他には、引っ越したばかりで光回線などが使えないときでもWiMAXなら、引っ越したその日からインターネットが快適に利用可能です。

WiMAXで一番おすすめのモバイルルーターとは?

ここ最近にWX06というモバイルルーターが発売されましたが、ほとんどW06と変わらないので、W06の方がおすすめです。

端末を選ぶ時のポイントとしては、回線速度が大切なので、今現在はW06がおすすめです。

モバイルルーターW06の最高速度は1.2Gbpsくらいとなっていますが、この接続方法はUSBでパソコンに接続した場合なので、普通に使ったら数百Mbpsくらいになりますが、十分なスピードだと思います。

ですが、WX06よりもW06の方が回線スピードが速いので、スピード重視の人ならW06の方がおすすめです。

WiMAXで一番人気で一番使えるホームルーター

WiMAXは家でも外でも接続できるモバイルルーターの他にもホームルーターという端末を選ぶことが可能です。

自宅に高速通信が可能な快適なインターネット環境を導入したいという人で、光回線の工事がめんどうだしお金がかかるからやりたくないという人は、WiMAXのホームルーターがおすすめです。

モバイル端末とホーム端末の大きな違いやメリットデメリットなどは何なのでしょうか。

ホームルーターは据え置いて使うタイプのルーターなので、バッテリーが付いていません。

また、アンテナがしっかりと付いているので、モバイル端末よりも安定的に高速通信が可能となっています。

普通はモバイル端末というものは自分の身近に持っておいて、いつでも接続できるようにしておきますが、ホーム端末は部屋のどこかに置いておいて、それを経由してインターネットに接続します。

上記のようなことから、基地局から離れていたり、パソコンやスマホから離れていても接続しやすいようになっているのです。

WiMAXのホームルーターで今一番おすすめの端末はHOME02です。

機能面だけではなくて、デザイン面もスタイリッシュでとてもコスパが優れているといえるでしょう。

ズバリ!モバイルかホームどちらがいいのか?

では、これまでに解説してきたモバイルルーターとホームルータは結局のところどちらが優秀なのでしょうか?

各ルーターの利便性やコストパフォーマンスについて、どの条件下で利用すれば最強なのかを解説していきます。

モバイルルーターのメリットはなんといっても、外でもどこでも高速WiMAX通信が可能になるということですね。

一方、ホームルーターは、アンテナが搭載されているので回線が高速で安定性も高く、電源がACアダプタなので、電池の残量を気にする必要がないところです。

モバイル、ホーム、両方のメリットデメリットを簡単に説明しましたが、結論を言うとモバイルルーターの方が全体的にはおすすめです。

ホームルーターは持ち運びができませんが、モバイルは据え置き型のクレードルを使用することにより、ホームルーターのような据え置き型のように使うことができます。

モバイルルーターで据え置きタイプのメリットをダブルでこなすことができるので、そういう意味でもモバイルルーターがおすすめです。

LTEのハイスピード+エリアモードを使いこなす

WiMAXにおいてのLTE接続は、auのLTEを使用した、ハイスピード+エリアモードとなっています。

WiMAXでつながりにくい場所で使えるサービスです。

そもそも、スマホの電波とWiMAXの電波は通信方法が異なっているので、WiMAXがつながりにくいところでもauのLTEなら接続しやすいというメリットがあります。

そもそも、auのLTEはWiMAXと共有しやすい800Mhzの電波となっているので、接続しやすい環境となっています。

3年契約のWiMAXなら、すべてのプロバイダーで毎月1000円が無料で使えます。

毎月7GBの制限がありますが、WiMAXでつながりにくい状況では使っておきたいオプションです。

ですが、注意点としてLTEの7GBの通信量制限にかかった場合は、WiMAXの通信制限もかかるので注意が必要です。

実際のWiMAXのスピードについて

WiMAXをこれから使おうと思っている人は、WiMAXがどれくらいのリアルなスピードがでるかを気にしている人は多いのではないでしょうか。

宣伝上は何百Mbpsとうたっているものの、本当に使った時の速度はどれくらいなのでしょうか。

そもそもWiMAXの理論値としては以下のような数値になっています。

上の表は理論値となっていますが、実測値としては私のWiMAX環境でほぼ安定的に50Mbpsは出ています。

そもそもとして、WiMAXの回線速度はいろいろなファクターに影響されます。代表的なものでいうと、時間帯、地域、端末などがあります。

とはいっても、WiMAXは利用者が桁違いに多いので、基地局もどんどん増えてきて、回線速度はもちろんのこと安定性も右肩上がりで伸び続けています。

WiMAXと光回線のどちらをとるか?

ここではWiMAXと光回線の違いを解説していきたいと思います。

★WiMAX

通信速度:下り速度440Mbps~1.2Gbps 利用場所:宅内、屋外 工事:不要

月額料金:約3,500円~4,600円前後 利用開始まで:最短当日~1週間程度

速度制限:3日間で10GBまたは月間7GB

★光回線

通信速度:下り速度1Gbps~2Gbps 利用場所:宅内のみ 工事:必要

月額料金:約2,000円~5,000円前後 利用開始まで:数週間~1ヶ月以上

速度制限:制限無し

WiMAXと光回線では、メリットデメリットが全然違いますが、ネットに接続して高速通信をするということに関しては全く同じです。

自分の目指したい環境に合わせてどちらにするかを決めるのが一番でしょう。

WiMAXはIEEEの通信規格にもなっている

WiMAXは世界の通信規格にもなっている技術で標準化されています。

WiMAXは英語の略の頭文字をつなげたものであり、無線での高速通信を提供するために作られています。

そもそもは、地方などで固定回線が届かないラストワンマイルをつなぐための無線規格としての意味が強かったのです。

WiMAXは日本にしかないサービスだと思っている人も多いかと思いますが、一昔前までは日本以外の国でも使うことができました。

もともとは世界のフォーラムで発表しているようなこともありましたが、次第に日本の独自技術として発展を遂げてきました。

ちなみに、日本以外の国でWiMAXを使うときは、外付けではなくて、ノートPCなどの端末にもとからWiMAXの機能が備え付けられているものしか使えません。

競合他社のモバイルWi-Fiとの比較

WiMAXと比較されるモバイルネット環境に、クラウドWi-Fiや、ワイモバイルというものがあります。

ここでチェックしておきたいのは回線スピードと制限になります。

WiMAXとワイモバイルはほとんど同じサービス内容、クラウドWi-Fiは使う人の目的で違ってきます。

WiMAXやワイモバイルは積極的に映画やゲームやYoutubeなどを楽しめるサービス内容となっています。

一方で、クラウドWi-Fiは通信速度が遅いので、簡単な使い方をしたい人向けとなっています。

インターネット経由でオンデマンドをみたり、高画質の映画を見たりする人は、クラウドWi-FiではなくてWiMAXをおすすめします。

また、クラウドWi-Fiは安いだけあって、サービスが充実していないので、接続障害などが起きやすいです。

手持ちのスマホでデザリング接続するかWiMAXを使うかどっちがいい?

WiMAXをわざわざ契約しなくても、手持ちのスマホでネットにつなげばいいんじゃないかと思っている人もいるかと思います。

そもそも論として、デザリングではなくてWiMAXをわざわざ契約するメリットはどこにあるのでしょうか。細かく解説していきたいと思います。

デザリングというのは、スマホを介して携帯電話の回線でネットに接続する方法になります。

ノートパソコンなどをスマホを経由してネットに接続することによってインターネット環境を手に入れられます。

デザリングのオプションに入ることにより、スマホ自体のネット接続はもちろんのこと、タブレットなどの端末をすべてデザリングでネットに接続できるようになります。

WiMAXでインターネット環境を手に入れるのと、スマホでネットに接続するのは、機能的には全く同じとなっています。

デザリングよりWiMAXの方がすごい理由

スマホからのデザリング接続よりもWiMAXでネットに接続した方がいい理由としては次のようなポイントがあります。

ポイント1 携帯会社のデザリングは制限あり。WiMAXは使い放題で使える。

ポイント2 WiMAXは接続がしやすい。デザリングは手間が面倒なことが多い。

ポイント3 携帯会社のデザリングは余計な費用がかかってしまう可能性がある。

上記のようなことからタブレットやパソコンやプレステなどを接続するときはWiMAXが圧倒的に有利になります。

通信量を制限したいときは、スマホ自体をWiMAXで接続するという手もあります。

そもそもとして、デザリングはサブ的な機能なので、緊急事態が発生したときのみの接続方式だと思った方がいいでしょう。

WiMAX+5Gとは?

2021年からWiMAX+5Gのサービスが提供され始めました。UQからサービスが開始されてだんだんプロバイダーが拡大していっています。

WiMAXの端末は5G専門でサムスンのモバイル端末と、ZTEのホーム端末の2つの端末があり、ダウンロード速度2.7Gbpsという速度が出ます。

WiMAX+5Gの最大スピードはWiMAX2+の倍以上のスピードを誇っています。

WiMAX+5Gの通信制限は3日間で15GBとなっているので、WiMAX2よりも5GBも増設されています。

WiMAX+5Gのプランはどれくらいの金額なのか

WiMAX+5Gの料金プランとしては、UQにおいては2年契約で、最初の割引サービスをつけると、月額約4300円くらいで使えるようになっています。

WiMAX2+と金額がほとんど変わらないのが最大の特徴となっています。

ちなみに、一般的なプランは用意されていないので、ギガ放題プラスというWiMAX2のギガ放題のバージョンアップが用意されています。

WiMAX+5Gのモバイルルーター

WiMAXの5Gでは、WiMAX2にはない専用の端末が用意されています。

モバイルルーターのサムスン製の端末と、ZTE製のホームルーターがあります。

まだ5Gのサービスが出始めたばかりですが、これから端末が続々と増えていくと思われます。

WiMAX2+の端末と5Gの端末はほとんど大きさやサイズは変わりません。

5Gのデメリットとしては、端末代を分割などで買わなければいけないので、毎月の月額料金がかさんでしまうという点があります。

5Gは3日で15GBに設定されている

現在のWiMAXは3日で10GBの制限はありますが、1ヶ月単位での制限はありません。

WiMAX+5Gでは現在と同じく、3日での制限はありますが、月単位での制限はありません。

WiMAX2の3日間での制限は10GBですが、+5Gの場合は15GBとなっています。

またさらに、LTEとしての月間制限が7GBとなっていましたが、WiMAX+5Gは15GBとなって、8GBも増量されています。

3日間で15GBの制限を超えた場合も、18時から夜中の2時までの適用となっています。

昼の時間帯などには制限がかからないので、在宅勤務でのオンライン会議などには最適なツールだと思います。

WiMAX+5Gの回線速度はどれくらい速いのか?

WiMAX+5Gの回線スピードは理論値で最大2.7Gbps、サムスン製のモバイル端末でも2.2Gbpsというスピードになっていて、現行のWiMAX2よりもかなり速いスピードとなっています。

現行のWiMAX2の最先端の端末であるW06で接続した最速スピードは1.2Gbpsとなっていますが条件があります。

通常の接続方法でモバイル端末を接続すると約800Mbpsくらい、WX06だと約450Mbpsくらいになるので、5Gの速度がいかに早いかがわかります。

WiMAX+5Gと通常のWiMAXを比較

現在のWiMAX2と、新サービスのWiMAX+5Gではどれくらいなにが違うのでしょうか。

一番のメリットとしては、WiMAX+5Gの場合は5Gの通信網が使えるようになったところと、3日間で15GBの制限値になったところではないでしょうか。

5Gの通信速度は理論値で2.7Gbpsの速度となっています。

WiMAX2と+5Gでは料金プランがほぼ同じとなっていますが、端末代が多少高くなっているので、デメリットはそれくらいでしょうか。

WiMAX+5Gのプロバイダの実質月額料金を比較!

WiMAXの本家本元のUQ以外のプロバイダーがどれくらい+5Gを提供しているのかというと、まだまだというところですね。

WiMAX+5Gのプロバイダー各社のスペックについていろいろとまとめましたので参考にご覧ください。

UQはもちろんですが、UQとほぼ同じ内容のプランで5Gを提供しているビックカメラやヨドバシカメラなどのプロバイダーがあります。

次の一覧表は、WiMAX+5Gの割引などを使ったあとの料金を示しており、契約年数から総額料金を割った「実質的な月額料金」を示しています。

★GMOとくとくBB

実質月額費用:4,668円 基本月額料金:4,631円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額費用:4,834円 基本月額料金:4,500円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★Broad

実質月額費用:4,899円 基本月額料金:4,763円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額費用:5,645円 基本月額料金:4,378円 事務手数料:3,300円 端末代:21,912円 契約期間:1年

+5Gで一番得して月額料金が安いプロバイダーとは

WiMAX+5Gを提供しているところは現状まだ少ないですが、以下のようなランキングになっています。

第1位 VISION WiMAX+5G

VISIONはいろいろな割引を使うことにより業界最高クラスのお得さで利用できます。

特徴

特徴1,3年間での実質月額3,848円

特徴2,契約初月の日割り料金が無料!

特徴3,解約金&違約金が条件ありで無料

特徴4,初期費用無料

特徴5,モバイルルーター端末無料

第2位 カシモ WiMAX+5G

カシモはプロバイダーの中では優秀な方だと思います。

ちなみに家電量販店でも5Gを利用できますが、端末料金が高くなってしまいます。

特徴

特徴1,実質月額4,000円

特徴2,月額割引キャンペーンあり

特徴3,初期費用3,300円

特徴4,端末料金無料

WiMAXはなんとレンタルもできます!

トライWiMAXは契約する前に、WiMAXの端末を2週間くらい無料で使えるレンタルサービスです。

WiMAXはUQだけではなくいろいろなプロバイダーでも2年か3年の契約年数が普通になっています。

上記のような理由から、一度契約してしまうと解約可能期間にならない限り有料料金での解約となります。

三大スマホキャリアみたいに必ずつながる保証はないので、一度試しに使ってみるのもいいですね。

次のような人はまず一番最初にトライWiMAXを使ってみましょう。

1,近くに高層マンションが建っているから本当につながるか不安な人

2,理論値でいわれているような回線の安定性があるかどうかを試したい人

3,パソコンだけじゃなくて、プレステやタブレットなどに接続可能かどうかチェックしたい人

なお、GMOとくとくBBでもトライWiMAXがあります。

GMOとくとくBBは20日以内なら返品解約ができるので、回線が遅かったとかいう場合は解約料なしで返品することが可能となっています。

GMOとくとくBBのお試し制度なら、満足いけばそのまま使い続けられるのがかなり利便性が高いですね。

法人での契約はできる?

WiMAXを契約するときは、法人契約か個人契約かでいくつかの種類があるので解説していきたいと思います。

一つ目の違いは契約方法が違います。2つめは契約にかかるキャンペーンの内容、3つめは支払い方法です。

まず最初の契約の流れとして、WiMAXのほぼすべてのプロバイダーで見積もりをしてから申し込みをして、本契約をして、支払、という形になっています。

ほとんどのパターンとして、1代の契約ではなくてたくさんの契約台数なので、見積もりの依頼を一番最初に行うのが個人との違いですね。

また、個人契約と法人契約では窓口が違うので、法人で契約しようと思ったら、法人の窓口から申し込まなくてはいけません。

見積もり依頼をして納得いったら本契約をして、最後に支払をして終わりとなります。

法人契約で月額割引キャンペーンが用意されている

法人での契約をするときのWiMAXのキャンペーンはプロバイダー各社によって違いがあります。

GMOとくとくBBは、法人向けのキャッシュバックは用意されていません。

ですが、月額割引のプランがキャンペーンとして用意されているので、格安で契約することができます。

法人契約でキャッシュバックが用意されていないのは、大口の契約なので仕組みが複雑化してしまうからなんです。

次に法人契約での支払い方法の違いですが、個人はクレカだけとなっていますが、法人はいくつかのパターンが用意されています。

法人での支払い方法は口座振替などもあり、多彩な支払い方法が用意されています。

WiMAXの総評

WiMAXについて当サイトでは、選び方から料金プランから、あらゆるメリットデメリットについて検証してきました。

当サイトをここまで見ていただいて、WiMAXのコンセプトや、どういうときに一番利便性がよくなるのか、などなど理解していただけたのではないでしょうか。

一番最後にまとめとして、当サイトが一番最強におすすめしている、最優秀にお得なプロバイダーを掲載しておきますので、検討している人はぜひ申し込んでみてください。

すべてを踏まえて最高峰のプロバイダは「VISION」

一番コスパが最強で得するプロバイダーはダントツで「VISION」です!

VISIONが一番最強におすすめな理由は以下の通りです。

1,各種割引を使って実質的な月額が最安!

2,モバイルルーターが最速で届くからすぐ高速インターネット通信ができる

3,最新機種のモバイルルーターが無料で使える!

4,他者からの乗り換え時がお得に使える

ポイント

ポイント1 3年契約の場合は実質月額が3800円

ポイント2 初月の日割りが無料

ポイント3 解約金が無料!

[487行目]

[488行目]